北浜レトロで本格英国式アフタヌーンティーを。

大阪は中之島にある、純英国式ティールーム「北浜レトロ」に行ってきました。
ロリィタ服で。

……ええ、わかっています。
ロリィタと呼ぶには、若干、邪道というか、シックですよね。わかっています。
わたしも、当初は、3〜4年前に購入したInnocent Worldのワンピースなんか、着ちゃおっかな〜と思っていたのです。しかし、それはやはり、「3〜4年前のわたしが似合っていた服」。今のわたしが着てしまうと、どうしても、違和感が……。

ヒトは、常に変化し、成長し、老いてゆく生きもの。半年前の自分は、現在の自分とはまったく性質の違う他者です。一年ぶりに会った友人を見て、「あぁ、この人は、もうわたしの知っているあの人ではないのだ」と感じた経験なんて、一度や二度ではないでしょう。それは自分自身にも当てはまるのです。

そして、だからこそ、「変わることのない何か」に対して、人は憧憬するのかもしれません。ロリィタというファッションもまた、根底にその憧憬を抱き続けるお洋服です。「少女」という、変わることのない絶対的存在への憧憬。少女とは、それ単体で完成された存在であり、「大人の女のミニチュア版」でも、「子どもから大人の女性への成長過程」でもないのです。たとえるならば、お人形、あるいは少女の姿をしたロボット。

少女の世界では、成長とは、もっともおぞましい類のものであると定義できます。成長とは、現在の自分が大事に持っているものを捨て去り、新しいものを(無理やりにでも)受け入れていくことで、新しいものに適応するように自分を作り替えていく作業です。内なる自分自身(の意思)ではなく、外からやってきた他者(の意思)によって、他者に合うように、自身を作り替え(られ)てしまう。それはまるっきり、セックスのメタファーとして成立してしまうわけですが、少女という概念において、これほど下劣で、低俗で、軽蔑に価する、おぞましいことはありません。

少女への憧憬とは、すなわち、成長を否定することであるとも言えます。しかし、現実問題、我々は常に変化し成長していく生きものです。どうしても、矛盾が生じます。この矛盾をいかにして乗り越えるか。抗うことのできない身体的な成長という病を抱えたまま、決して変わることのない少女という魂を、いかにして持ち続けるか。この問題について考え続けることが、少女でありつづけるということであり、この問題に挑むためのひとつの方法論が、ロリィタファッションなのかもしれません。

そう考えると、「三年前のお洋服は、今の自分には似合わない、着られない」と感じるわたしは、身体的な成長という問題を受け入れてしまった存在であり、もはや「少女」ではなく、ロリィタ失格であるといえます。……うん、まぁ、当時からわたしは、「自分は少女でもロリィタでもない、ただの小娘だ」と言い続けてきたので、覚悟はしておりましたけれども、こうして腹の底から実感してしまうと、さすがに、ちょっぴり哀しいものがありますね……。

というわけなので、今回は、生き様としてのロリィタではなく、ファッションとしてロリィタを着る、という考え方で、このお洋服を着てティールームに行って参りました。
というお洋服についての解説だけで、すでに1,200字超! どんだけ!
ちなみに、着用したお洋服のブランドは、以下のとおりです。

  • 薔薇柄スカート:Mary Magdalene
  • 黒ブラウス:Innocent World
  • 燕尾ジャケット:UNIQLO +J
  • 髪飾り:Innocent World
  • パニエ:ALGONQUINS

ジャケットがまさかのユニクロ! パニエもまさかのALGONQUINS! それも正しくはパニエというよりはボリュームのあるチュールスカート! ほんと申し訳ない! でも、どうか、赦してください。だってほら、わたし、ファッション・パンクならぬ、ファッション・ロリィタだから……。

さて、本題に戻ります。北浜レトロです。

国の登録有形文化財に指定されている「北浜レトロビルヂング」(この古めかしい名称からして素敵)をまるごと使った二階建てのティールーム、それが北浜レトロなのです。

ケーキや紅茶やスコーンをお持ち帰りで買える一階の販売スペースを抜けると、ミントを思わせる明るい青緑色の手すりのついた階段が。そこを登った二階が、ティールームになっています。階段の手すりと同じミント色に縁どられた大きな窓の向こうには、中之島薔薇園。アンティークの机の上には、落ち着いた花柄のテーブルクロス。パッチワーク風のティーマットに、Wedgwoodのティーカップ。ブリティッシュ・トラッドの趣き溢れる、ロマンチックなティールームです。

今回の我々のお目当ては、アフタヌーンティー(税込2,100円)。
三段重ねのティースタンドに盛られたお菓子&軽食と、ポットでサーブされる本格英国式紅茶のセットです。

ケーキは、生ケーキ、タルト、チーズケーキなど、20種類近くある中から、好みのものを一つ選びます。
こちらは↓、おそらくボリュームナンバーワンの「山盛りベリー」。

こちらは↓、今回、わたしがチョイスした、「桃のタルト」。

スコーンも、プレーン、くるみ、抹茶、チョコチップ、生姜、シナモン&シュガーなどなど、10種類近くある中から、好みのものを二つ選びます。

生姜のスコーンが、とっても、とってもおいしかった!
スコーンは、生クリーム、クリームチーズ、2種類のジャムなどを添えて給仕されます。

そして、軽食は、ひとくちサイズのサンドウィッチ。

正式な英国式なので、ハムとキュウリのサンドウィッチです。マヨネーズと粒マスタードのほどよいしょっぱさが、甘いケーキ&スコーンの口直しによく合います。

紅茶も、何十種類という中から、好みのものを一つチョイス。

わたしは、「ストロベリーフィールズ」という名前の、苺の香りの紅茶を選びました。
ちゃんとポットでサーブされます。差し湯は何度でも、無料でOK。

トラディショナルな英国ティールーム。
そこでいただく、本格的な英国式アフタヌーンティー。
なんという優雅で気品ある光景でしょう。
もはや少女ではないと自覚していつつも、どうしてもロリィタファッションで訪れるしかなかった理由を、おわかりいただけたでしょうか。

それにしても、このアフタヌーンティー。おなかぺこぺこで行っても食べきれないくらいに、ボリュームたっぷり! けれど、どれもこれもとっても美味しいので、ぜんぶ食べたい! でもおなかいっぱい! でも! ああ! どうすれば!

……というわけで、おしゃべりに花が咲いたのも手伝って、3時間もかけて、ゆっくりとティータイムを楽しんだわたくしたちでした。
アフタヌーンティーに3時間……まさしく英国貴族のような優雅さ。
豊かな時間を過ごすことができました。
英国式アフタヌーンティーを体験したい方は、是非、北浜レトロへ。

Wicked

深夜からEvernoteを使い始めて、明け方にコツを掴み、今はハマリかけです。あぁ、便利だなぁ。クラウドコンピューティング。便利だなぁ。しかし、Evernoteはソーシャル的なものではなく、基本、自分だけのために情報を蓄積するもの。いわば、オンライン上の「ほぼ日手帳」。手帳にばかりアウトプットして、blogを書くことができなくなる病からようやく抜けだしたところだというのに、また、こんな巣ごもり的なガジェットに手を出して……。再びblogを書けなくなったらどうしよう、とプルプルしています。わたしが外部に向けて文章を書くということは、そして、それをあなたが読むということは、決して「あたりまえ」のことではないのだということを、あなたにはどうか、理解っていて欲しい。

劇団四季「Wicked」

劇団四季のミュージカル「Wicked」を見てきました。
「Wicked」は、「オズの魔法使い」の前日譚にあたる物語で、「オズの魔法使い」に登場する「善い魔女」と「悪い魔女」が、本当は一体何者なのか? について描かれています。

生まれつき緑色の肌と魔法の力を持つ少女・エルファバは、その特異さゆえに、周囲から不気味がられて育ちます。虐げられ、いじめられ、すっかり卑屈さとセルフイメージの低さを身につけてしまったエルファバ。しかし、全寮制のシズ大学に進学したとき、先生から魔法の能力を見出され、「あなたは天才だわ!」と賛美され、魔法の特待生となります。エルファバの暗かった人生に、ようやく光が見えた瞬間でした。

一方、同じ大学に進学してきた少女・グリンダは、お化粧やファッションが大好きなお嬢さま。ルックスが華やかで可愛いので、クラスの人気者ですが、実は、致命的に、おバカ。魔法の書も読めないし、もちろん魔法も使えない。何でも自分が中心でないと気が済まないし、気に入らない子にはバレないように嫌がらせをする。典型的な「オンナノコ」だったのです。

対象的な二人は、ひょんなことからルームメイトになります。が、やっぱりどうにも相入れず、嫌いで嫌いでしょーがない。しかし、徐々にお互いの内面を理解しはじめ、絶えず喧嘩をしながらも、無二の友人として友情を育んでいきます。

ある日、エルファバは、その高い魔力を買われて、この国の支配者にして強大な魔力を持つと言われる「オズの魔法使い」から、都への招待状を送られます。エルファバは、グリンダを伴って、都・エメラルドシティを訪ますが、そこで、オズの国に降りかかっている災いと、その黒幕がオズの魔法使いその人であることを知ってしまいます。陰謀の正体に驚き怒ったエルファバは、オズの魔法使いと戦うことを決意。「魔法の書」を奪って、空高く飛び立ってしまいます。

正体を知られてしまったオズの魔法使いは、エルファバを「悪い魔女」に仕立て上げ、国じゅうに触れて回ります。偽の情報を与えられ、煽られた民衆は怒り狂い、「悪い魔女を殺せ!」と口々に叫んで魔女狩りを始めます。そして、同じく秘密を知ってしまったグリンダは、オズの国を救う「善い魔女」に仕立てあげられ、祭り上げられてゆきます。

逃れられない時代の波に飲み込まれてしまった二人の少女。彼女らの運命は、そして友情は、一体どうなってしまうのか……!?

http://www.youtube.com/watch?v=u9lUW5i6Y6M&feature=player_embedded

泣きました。全編を通して、エルファバがあまりにも不遇で、切なくて、それでも自分の信じた道を貫こうとするその姿に、自分の中のいろんなものを投影せざるを得ない。あぁ、わたし、来世にミュージカルスターとして生まれたら、エルファバを演じたい……。

そして、グリンダのおバカっぷりも、ちょっと凄まじかったです。「オズの魔法使い」では、グリンダは、清純を絵に書いたような存在として描かれていたはずなのに。その実態は、魔法も使えない、ファッションと彼氏の話しかしない、おバカさん……でも、「人から愛される才能」がずば抜けている……という設定を、見事に演じきっちゃう役者さんがすごかった。グリンダは、「ただのおバカさん」から出発しているのもあって、物語を通しての成長ぶりが印象的でした。状況に流されるままだった彼女が、エルファバを本当の意味で失ってはじめて、自分の意思で「善い魔女」として生きる道を選択したラストシーンは、胸を打ちました。

ソウルメイト、そして「トラウマになりたい」。

ソウルメイト、という言葉があります。
この言葉の意味は、流派によっていろんな捉え方があるのだけれども、単に「物凄く気が合う人」とか、「他人とは思えないくらい価値観が似ている人」といった肯定的な意味だけではなく、「自分では直視できないくらい、自分自身を映す合わせ鏡のような存在」という意味を持つこともあるそうです。

グリンダと、エルファバが、まさに、この後者の意味でのソウルメイトなのだろうな……と感じました。

相手が、自分とは違いすぎる。
そう自覚したとき、初めて、人は「他人とは違う自分自身」を知ることになります。

「相手はAだ。わたしはそこに違和感がある。わたしはAじゃない、Bだ。」

B同士の人間が対峙するとき、Bであることは「当たり前」なので、自分がBであることには気づけない。Bではない他者に出会って初めて、「Aな人もいるんだ! そして、わたしは、Bなんだ!」と気づくことができます。
これが、「自分自身を知る」とうこと。
そして、自分がBであることを思い知らせてくれるくらい、自分とは違いすぎる他者。それが、「自分自身を映す合わせ鏡のような存在」ということです。

通常、「自分とは違いすぎる他者」は、違いすぎるが故に出会う機会すらなかったりするのだけれども、何故か深く関わってしまう相手というのが、誰の人生にも存在します。それが、つまり、「ソウルメイト」なのだろうと思います。

こういう意味のソウルメイトは、一般的に、「一時的に物凄く深く仲良くなるが、ずっと一緒にはいられない」といわれます。
それは、やはり、「直視できないほどに自分自身というものを思い知らされる相手」だから。自分自身がひた隠しにして、見ないふりをしてきたことでさえ、見せられてしまう。
そんな相手と、ずっと一緒にいることはできませんよね。
だって、苦しすぎるもの。

ソウルメイトは、己の半身のように愛しく、同時に殴り殺したいくらい憎たらしい。
許さない、死ねばいい、お前なんか最低だ、アホボケクソボケ! と、暴言の限りを尽くしても足りない。
罵って、罵って、消えることのない憎しみを胸に飼い慣らしながら一生を生きる。

それが、もしかしたら、先日書いた「少女ふたり」の、「トラウマになりたい」ということなのかもしれません。

インデアンカレーで、「いまここ」を生きた記録。

 大阪に、多くの有名ミュージシャンたちも愛する、甘くて辛くておいしいカレー屋さんがあるらしい。

という噂を聞きつけたので、
「これまでの人生で、カレーを特別おいしいと感じたことがないからこそ、おいしいといわれているカレーを食べるという経験を積んで、カレーをおいしいと感じてみたい」
を今年のテーマとして掲げているわたくしは、食べに行って参りました。

★インデアンカレー
http://www.indiancurry.jp/

最近は東京にも進出しているらしいですが、発祥の地は、大阪だそうです。

「ひとくち食べると甘く感じるが、後からカーッと辛さがこみ上げてくる」
「うまい。しかし、辛い」
「汗っかきの人は要注意」
「インデアンカレーはスポーツ」

などなど、さまざまな事前情報を得ていましたので、辛いものが得意でないわたしは、ハラハラドキドキな及び腰で、こそこそと阪急三番街の店舗へ……。

小さいながらもやたらと清潔感のある店内は、カウンターのみ30席ほど。
隣の人と密着寸前のぎゅう詰め席にずらりと並んで、みなさん、黙々とカレーを食べていらっしゃいます。
ふ、不思議な光景だ……。

食べ終わった方は、のんびりすることなく、すぐさま席を立って、ひらりと風のように去ってゆくのが流儀であるもよう。
いわば、ファストフード解釈のカレーです。
ガッと食って、さっと立ち去る!
吉野家ばりの男前さで挑むのが粋なようです。

この店舗では、メニューは、【インデアンカレー】と【ハヤシライス】のふたつのみ。
入店時に先に料金を支払い、食券代わりのタグを受け取って席につきます。
席についたら、まず、甘酸っぱくておいしいキャベツのピクルスのお皿が出てきます。
そして、それから一分と立たずにカレーが出てきます。
は、早いよ! まだコートも脱いでないよ!!
コップに冷たい水を注いでいただいて、それでは早速、いただきまーす。


……。

…………。

ゲホゲホゲホゲホゴホッ!!(←辛さのあまり咳き込み)


想像以上です! 想像以上です! 何この辛さ!!!!
辛いというより、痛い! 舌と喉がヒリヒリするヒーーー!!!!
しかし、周囲のお客さんたちは、平然とした顔でさらさら食べていらっしゃいます。
な、なんで、そんな、平気な顔していられるの、みなさん!?!?!?

水を何杯もおかわりしながら、必死に食べます。
いやもう、必死です。必ず死ぬと書いて必死です。
一匙一匙、覚悟しないと口に運べない。
集中しないと飲み込めない。
普段、のほほんと生きているわたしが、近年稀に見るほどの集中力を発揮した数分間でした。
「今、目の前にある危機」にのみ完璧に意識を集中して挑んだとき、人はこれほどまでの集中力を発揮できるものなのか!
あの瞬間、わたし、「いまここ」を、生きていた……!!!!

多くのお客さんが、入店後、10分ほどで退店する中、わたしはおそらく、20分ほどかかって、ようやく完食。
満身創痍の兵士のような疲労感と、一風呂浴びた後のような爽快感とか入り交じった不思議な心地で、ふらふらとお店を後にいたしました。
いやぁ……つ、疲れた……。

カレーが辛いといって怒って帰ったという伝説を持つYOSHIKIの気持ちが、
生まれて初めて、わかった気がしました……。

辛いもの好きの皆様、己の集中力の限界に挑戦したい皆様へ、インデアンカレー、おすすめいたします。
机をひっくり返したくなるほど辛いけれど、味はおいしかったです。

2010/3/22 リアル脱出ゲームシリーズ第4弾「ある飛行機からの脱出」

HEP HALLリアル脱出ゲームシリーズ第4弾
「ある飛行機からの脱出」
http://www.hephall.com/?p=3551

3/22 19:00の回に参加してきました。

「リアル脱出ゲーム」とは、京都のミニコミ誌「SCRAP」の主催する参加型イベント……ということでいいのかな……?(違ってたらごめんなさい(笑))
見ず知らずの人間同士が、謎の仕掛けられたある空間に閉じ込められ、そこからの脱出を目指して奮闘するという、ゲームや映画でよく見かけるあの設定を、実際に体験する遊びです。

★リアル脱出ゲームオフィシャルサイト
http://realdgame.jp/


今回の「ある飛行機からの脱出」の設定は、

---(ここから)---

気がつけばあなたは飛行機の中。
乗客は50名程度の男女。
突然、機内の放送が叫びだす。
「緊急事態発生。緊急事態発生。全員なんとか脱出してください」
機長は謎をつぶやき、スチュワーデスはうろつき続け、管制塔は応答しない。あなたはこの謎だらけの飛行機から脱出できるだろうか?

---(ここまで)---

入り口でチケットを渡すと、チーム名と、役職? の書かれたパスと、注意事項の書かれた資料を渡され、ホールに通されました。
ホール内には、4〜5人がひとかたまりとなった座席が、13組。
パスに書かれたチーム名の席に座って、開演を待ちます。
脱出するには、他者との協力が必要不可欠。
チーム内で協力しあって、チーム全員での脱出を目指します。

ちなみに、見ず知らずの人間同士でチームを組むというのがポイントらしく、知り合い同士は同じチームに配属されないように工夫されているようです。
わたしはasato氏と連番のチケットで同時入場しましたが、敢えて別々のチームのパスを渡されたようでした。

徐々にチームに人が集まってきますが、全員、どうやら役職が違います。
今回のゲームに登場する役職は、「通信士」「スパイ」「医師」「謎の人物」の四種類。
(わたしは「スパイ」でした。)
チームごとに配布されている資料も、暗号だらけで、わけがわからない……。
部屋中のあちこちに、なにやらヒントのようなものが書いてあったり、貼り出してあったりしているけれど、それも意味がわからない……。

そしていよいよ開演。
オープニングムービーが流れ、状況と最低限のルールが説明され、

「では、一時間後にお会いしましょう!」

……えぇぇぇ!?
それだけ!?
もうゲームスタート!?
サッパリわけがわからないんだけど……!?

とりあえず会場中を走り回ってヒントを集め(中には特定の役職の人間しか入れない部屋もある)、チームに持ち帰ってチーム内会議。
時間が進むにつれて、新たなムービーが流れたりして、状況がどんどん変わっていきます。

謎解きの中には、レイトン教授的な数学問題みたいなものもあり、落ち着いて計算すれば答えが出るのはわかっていても、焦ってなかなか正解が出せない!
(いや、わたしの場合、そもそも数学がサッパリなので、落ち着いて計算しても解けないのだが!(笑))
たまたま、チーム内に数学が得意な人がいれば、断然有利です。
チームに集った人間の、それぞれのスキルが存分に生かされます。

細かい謎解きについてはここでは書きませんが、真面目な謎解きばかりかと思いきや、答えがダジャレだったりすることもあるので、あんまり生真面目に考えすぎると、肩透かしを食らいます(笑)。

個人的には、

1)機長と副機長(劇団の役者の方? が実際に演じてらした)がもみ合いの末に何故か殺し合いになり、機長が銃弾に倒れた際、「機長が倒れました! お客様の中に、お医者様はいらっしゃいませんか!」というアナウンスがかかり、各チームの「医師」のパスを持った人が一斉に立ち上がって、機長に駆け寄っていった。

2)その後、「機長の意識が戻りません!」というアナウンスがかかった際、最初に配布されていた資料に、「機長は元ロックンローラーで、現役時代は、満身創痍でも、アンコールがかかれば必ず立ち上がってステージに立った」という旨が書かれていたのを思い出して、参加者みんなで「アンコール! アンコール!」と叫びまくってみたところ、QUEEN「WE WILL ROCK YOU」が流れて機長が立ち上がり、復活した。

という一連の流れが、いちばん熱かった(笑)。

結果、わたしの参加した回では、脱出できたのは、13組中1組のみ!
わたしのチームも脱出ならず、でした……!
カァァァーッ! くやしい……!!

最後の答え合わせを聞いたら、「そんなのわかるかーッ!」とちゃぶ台ひっくり返したくなる部分も、多少あったけれども(笑)、いやー、しかし面白かったです!
もっと謎解き脳を鍛えて、柔軟な発想を身につけて、名探偵気取りで参加するのが正しい遊び方ね、これは……。
リベンジしたい。あぁ、リベンジしたい……!

リアル脱出ゲーム、今年は数多く開催されるようです。
次はGWに東京で「マジックショーからの脱出」。
その次は、6月の毎週土曜の夜、京都国際マンガミュージアムにて、「夜の学校からの脱出」。
今回の「ある飛行機からの脱出」は、50人前後の規模でのゲームだったけれども、「夜の学校からの脱出」は、250人規模でやるそうです。
今回のような小規模密室系の謎解きも勿論面白いけれど、大規模大仕掛け系だと、また印象が違いそうですよね。こっちも面白そうだ〜! また参加したい!

あぁ、世の中にはこんなに面白いことを考えて、実行して、それにわたしを参加させてくれる人たちがいる。しあわせだなぁ。楽しいなぁウフウフ。
ハナタン、面白いことやってる人、すきー!

というわけで、リアル脱出ゲーム、気になった方は、是非チェックを。
HNSMはリアル脱出ゲームを応援しています。