iPhoneにストラップホールをつける金具セット「NETSUKE」を導入してみた

新年早々、携帯をMNPしてiPhone5sに変えたので、周辺のサプライ品を細々と揃えています。
iPhoneにストラップ穴をつけるための金具セット「NETSUKE」を導入してみました。

 
「NETSUKE」は、iPhoneの充電器差込口の左右にあるネジを利用して装着するストラップホール金具。
iPhone5、5s、5c対応のものは、シルバーとブラックの2色展開です。
わたしは、iPhone本体の色がスペースグレイなので、ブラックを選んでみました。

ちなみにシルバーはこちら。




なぜ、ストラップホールが必要か


iPhone5以降の機種は、それ以前の機種に比べて、縦に長い。
平均的な日本人女性サイズと思われるわたしの手では、片手操作しようとすると、上の方に指が届きづらくて四苦八苦したりします。
そうやってゴソゴソと操作していると、手からiPhoneがつるっと滑って、飛んでいってしまいそうになることが。実際、ヒヤッとさせられたことが、購入直後から何度もありました。

これはまずい。落として壊してしまってからでは遅い。
という危機感を抱いたわたくし、あれこれ検索して、解決方法を調べてみました。
結果、「落下防止のためのストラップをつけて、指などにひっかけて使用する」というのが、いちばんシンプルかつ効果的な解決策だと判断しました。

ネックストラップをつけて、首から下げるも良し。
ハンドストラップをつけて、手首に通すも良し。
フィンガーストラップをつけて、指にひっかけるも良し。

いずれの手段を選ぶにせよ、まずはストラップホールです。
今回の目的はiPhoneの落下防止なので、簡単にははずれない、頑丈な仕組みの穴が必要。
そこで、ネジを使ってiPhone本体に装着してしまうという「NETSUKE」に白羽の矢を立てました。


装着はとってもかんたん


磁気を帯びた専用のドライバーも付属でついてくるので、余計な道具は何もいりません。
作業時間は3分ほどで、さくっと装着完了。
装着までの手順は、公式の解説動画がわかりやすいので、参考にされたい。



公式の付け方だと、ほとんどのiPhoneケースがつけられなくなってしまうので、金具の上下を逆にして装着してみました。



上下逆でも、まったく違和感なく使えます。
このままライトニングケーブルも刺せますし、充電もこれまで通りにできました。



ただ、サードパーティ製のケーブルだと、純正とはサイズが違ったりするので、刺せない場合もあるかも?


ストラップはカラビナ式のにしてみた




かわゆいー。
まず、CMYKでいうところの C:0,M:80, Y:20, K:0 くらいのピンク色が好きなので、それに近い色味のピンク色に惹かれました。紐まで色が統一されているところがすてき。
これ、色展開に紫があればなー。宇宙戦隊カラーが揃って完璧なのになー。



実物は、全体的にマットな質感で、ポップなデザインでありながら高級感があります。
手触りは、ラバーコーティングのiPhoneケースに似た、しっとりした感触。

カラビナ部分を小指に通して使っています。
画面最上部まで指を伸ばしても、ストラップが引っ張られることのない絶妙な長さ。
何より、手からiPhoneがつるっといってしまっても大丈夫という安心感が格別です。

対応のネックストラップと合体させて使うこともできます。



カラビナストラップとネックストラップを同色で揃えるも良し、違う色を組み合わせてカラーリングを楽しむも良し。
カラビナではないリング型のバージョンもあります。
こちらもネックストラップと合体可能。