高円寺のフクロウカフェ「Cafe Baron」さんに行ってきました。

2013/2/20、高円寺にあるフクロウカフェ「Cafe Baron」さんにおじゃましてきました!

メンフクロウを愛するあまり、「ShuCREAM」(通称「シュ様」)というメンフクロウのオリジナルキャラクターのグッズ制作やら、待受配信やらをしているわたくし。
しかし、メンフクロウは一般的にはまだまだ知名度が高いとは言えず、「フクロウカフェ」を謳うお店でも、メンフクロウを置いているお店は全然見かけない……と嘆いていたところ、高円寺にメンフクロウのいるカフェがありますよ! と教えていただきました。

しかも、メンフクロウだけではなく、わたくしのフェイバリット猛禽類第2位(1位はもちろんメンフクロウ)の、カラフトフクロウ様もいらっしゃるですって……!?

そんなの! 行くしかないじゃない!!

というわけで、お店の存在を知ってから四日後に、さっそくおじゃまして参りました。


お店までは、JR高円寺駅から、徒歩で6分くらい。
中通り商店街をまっすぐ抜けたら、右に曲がってすぐのところです。

テクテク歩いていくと、いました、いましたぁぁぁ120cm四方くらいのガラス張りのスペースの中に、メンフクロウと、カラフトフクロウが!!



お店の内側から撮影した写真で失礼。
しかも、どちらにもそっぽ向かれちゃってますが!笑

入り口には、フクロウの傘立てが。



店内には、お店のフクロウさんの写真や、フクロウ関係のグッズをはじめ、フクロウ連れで来店なさったお客さんのフクロウ写真などが飾られています。



お客さんのフクロウの、メンフクロウ率の高さにびっくり!!
都内で飼われているメンフクロウばかりだそうです。

メンフクロウはマイナーだと、飼っている方なんてそうそういないんだと思っていたのに! メンフクロウの飼い主が集うサロンが、こんなところにあったなんて!

テーブルの上の調味料入れも、もちろん、フクロウ!



この時点ですでに興奮しすぎて大変なことになっていたわたくしですが、ひとまずは落ち着いて、お茶などの注文です。

店内には他のお客さんが食べているカレーのいいにおいがしていて、心惹かれつつも、一日五食限定だというフレンチトーストがまだ残っていたので、そちらをオーダー。

ダブルサイズという、約二杯分をポットで給仕してくださるホットコーヒーとのセットメニューをお願いしました。

コーヒーも、四種類からチョイスできるので、迷う……!
今回は、お花のような香りが特徴だという、「バロンブレンド」を選びました。

すると……コーヒーのカップが! フクロウ!!



コースターも! フクロウ!!



一緒に行ってくれた友人のオーダーであるダブルサイズの紅茶は、こんな感じのポットで出してくださいました。



外はさっくり、中はもちふわなフレンチトースト!
たっぷりかかったメープルシロップが美味です。



自家製バロンクッキーもいただきました。
表面には、メンフクロウの焼印が!



かなり厚みのあるクッキーで、外はサクサク、中はふんわり。
クッキーとケーキの中間のような食感です。
バターの風味がよく効いていておいしい!

お茶とお菓子を堪能しつつ、お店のご主人から、フクロウ話を伺います。

フクロウは、種類によって、性格が随分異なるのだとか……。

たとえばカラフトフクロウは、個体差はあれど、基本的に穏やかで、人間ともみんなと仲良くしようとする感じの性格なんだそうです。

一方、メンフクロウは、「この人がアタシの運命のご主人様ッ!」と決めたたった一人の人間に対してのみ、デレデレになる傾向があるのだとか!
そうなると、本人が認めたご主人様以外の人間には懐かず、触られたくないそぶりを見せたりするのだそうです。

なにそれ!
メンフクロウなにそれ!
「アタシだけの運命のヒト」ってやつじゃない!
なにそれときめくじゃない……!!!

他にも、フクロウは病気しないので、犬や猫のような予防接種もいらないとか。

普段、ファルコンブロックで係留するのであれば、メンフクロウくらいのサイズなら90cm四方、カラフトフクロウサイズなら120cm四方あれば飼える(つまりマンションでの飼育も可!)とか。

フクロウ飼育の実態について、いろいろ伺うことができました。

すごい! 知りたかったこと全部聞けちゃうすごい!!

ご主人が、とても質の高い雛鳥を育てているメンフクロウブリーダーさんとお知り合いなのだそうで、そのブリーダーさんからの雛鳥を紹介していただくこともできるそうです。

メンフクロウを飼う際にはご相談ください、と言ってくださいましたが、いやもう、本当に、飼う際には、是非ともご相談したい……。

ていうか、飼いたい……フクロウ……ああもう、フクロウ……。

すっかりフクロウラブモードのわたくし、お店のカラフトフクロウ「ジョン」くんと、ツーショットで写真を撮らせていただきました!(インストアイベントみたいだネ!)



どうですか! この近さ! すごい! すごすぎる!!
ご主人は「ほっぺたくっつけても大丈夫ですよ」とさえおっしゃっていました。
このジョンくんは、穏やかな性格だというカラフトフクロウの中でも、特におとなしい個体のようで、飼い主以外の人間に対しても、絶対に噛まないし、ツメを立てたりもせず、誰に触られても大丈夫なんだそうです。

もうね……ふわふわ……カラフトフクロウの羽根って、ふわっふわなんだぜ……。



羽根の中に指を入れるの図。
第二関節どころか、指の付け根まで入る勢い!
大きく見えるカラフトフクロウですが、ふわふわの羽根で膨らんで見えているだけで、実際の身体は細いようです。



もっふもふ〜。もっふもふ〜。



一方、ご主人以外の人間にはツンツンなメンフクロウ、「バロン」くん。



ご主人の肩に乗せて、見せていただきました。

バロンくんはご主人にデレデレなので、肩に乗った状態で、ご主人の髪の毛を「けづくろい」しまくってました。

ここまで「ご主人にだけデレデレ!」な状態になるのは、そうとう丁寧に育てている証なんじゃないかしら……! すごい! 憧れる!


そんな感じで、閉店時間まで長々と居座ってしまった Cafe Baronさんでした。
いやぁ、もう、大満足……!
ただ「フクロウがいるカフェ」というだけではなく、正しいフクロウの飼い方や、質の良いブリーダーさんの情報を提供したり、フクロウオーナー同士の交流の場になっていたりと、フクロウ文化を守り育ててゆこうとするご主人の心意気が見える、すてきなお店でした。
もうね、ほんと、フクロウ、飼いたくなる……!


ちなみに、カラフトフクロウ「ジョン」くんの飼い主は、ご主人の末の娘さんだという、十歳くらいの女の子なんですが、18:30くらいになると、そのお嬢さんが、カラフトフクロウを連れて「退勤」していきます。

ちょうど、その時間にお店にいたんですが、自分の上半身くらいの大きさの、でっかいカラフトフクロウを腕に乗せて、そのままてくてくと高円寺の町を歩いておうちに帰っていく少女、ですよ!
絵になりすぎる!!!


本当に、すてきなお店でした。
フクロウ好きの方は、是非!