ハッカ油手作り虫よけスプレーのレシピ



今、住んでいる家のバスルームには、窓がついています。
窓付きのバスルームは初めてなんですが、これが、夏になると、窓と網戸の隙間に虫が入ってきて、なかなか大変なんですね……。

虫よけ対策をしなくてはなぁ、と思いつつも、浴室なので、化学薬品の虫よけスプレーは使いたくない。人体にも害のない、天然素材の虫よけアイテムは、ないものか……とTwitterでつぶやいてみたところ、「ペットのダニ対策で、ハーブやアロマ、ハッカ油などが使われている」との情報を多数いただきました(情報くださった皆さん、ありがとう!)。

それらの情報をもとに、いろいろ試してみた結果、ハッカ油を使った虫よけスプレーが、とてもお手軽&効果的だったので、ご報告いたします。


【材料】(100ml分)
・ハッカ油:20滴
・消毒用エタノール:10ml
・水:90ml(水道水でOK。気になる場合は市販の精製水を使用)
・スプレー容器(100均のもので十分)

【作り方】
1)スプレー容器に、消毒用エタノール10mlを入れ、その上からハッカ油20滴を入れる。
2)容器のフタを締め、エタノールとハッカ油が混ざるようによく振る。
3)容器のフタを開け、水90mlを加える。
4)再度フタを締め、よく振る。
5)完成!


ハッカには、抗菌・殺菌・消臭効果があるのだそう。
スプレーすると、ハッカの香りがスーっとして、爽やか&涼しくて、とても良い感じ!
毎晩、風呂あがりに網戸全体に吹きかけるだけで、虫が入ってくることがほぼなくなりました。効果絶大!


ハッカ油は、町のドラッグストアで買えます。
Amazonでも買えます。

ハッカ油P 20ml【HTRC3】
ハッカ油P 20ml【HTRC3】
posted with amazlet at 14.04.05
健栄製薬 (2007-03-29)
売り上げランキング: 182

この健栄製薬のハッカ油は、口の部分がスポイト状にはなっていない(多くの市販のアロマオイルのような、ひっくり返すだけで一滴、二滴と落ちるようなギミックにはなっていない)ので、別途、スポイトを用意する必要があります。
これは、100均で買えるスポイトで十分じゃないかな〜。
わたしは、香水用のアトマイザーについていたスポイト(未使用)を流用しました。
Amazonでも、100円以内で買えるようです。


※2014/7/6追記
2013年秋冬あたりから、健栄製薬のハッカ油は、一滴ずつ落ちる仕様に変わったそうです!
新仕様のものは、箱に「滴下式」と明記されています。
その場合は、スポイトは不要です。

AZ(エーゼット) 丸形スポイト 2ml B355
エーゼット
売り上げランキング: 28


ハッカ油は、油なので、このままでは水に溶けにくいです。
そこで、油と水、両方に馴染む特殊な溶媒であるエタノールを使います。
わたしが使ったのは、これ。↓

【第3類医薬品】日本薬局方 消毒用エタノール 500mL
健栄製薬 (2006-11-22)
売り上げランキング: 47,773

こちらも、町のドラッグストアで買えます。もちろんネット通販でも。

入手しやすいエタノールとして、無水エタノール消毒用エタノールイソプロパノール入り消毒用エタノール、の三種類がありますが、どれを使えばいいの??? と悩み、いろいろ調べました。

まず、無水エタノールと消毒用エタノールの違い。
それは、濃度だそうです。

無水エタノールは、100%に近い濃度。

無水エタノールP 500ml【HTRC3】
健栄製薬 (2007-03-29)
売り上げランキング: 110

消毒用エタノールは、80%くらいの濃度。

【第3類医薬品】日本薬局方 消毒用エタノール 500mL
健栄製薬 (2006-11-22)
売り上げランキング: 56,323

エタノールの殺菌力がもっとも強いのは、濃度80%くらいで、100%までいってしまうと、逆に殺菌力は落ちるのだそうです。ふしぎだ……。
なので、消毒用エタノールは、文字通り、消毒用に。
無水エタノールは、手作りの化粧品や、香水などを作る時に使われるそうです。

次に、イソプロパノール入りの消毒用エタノールについて。

【第3類医薬品】消毒用エタノールIP「ケンエー」 500mL
健栄製薬 (2006-11-22)
売り上げランキング: 1,452

エタノールは、アルコールなので、そのままでは酒税がかかるのだそう。
そこで、添加物を加えることで、酒税がかからないようにしたのが、イソプロパノール入りの消毒用エタノールなんだそうです。
たしかに、イソプロパノール入りのほうが、格段に安いです(500mlで400円くらい)。

酒税対策でイソプロパノールがちょこっとだけ入っているだけなので、純粋な消毒用エタノールよりも性能が大きく劣ることはないようです。
ただ、やはりイソプロパノールは、エタノールに比べて毒性が強いので、人体には不向き、とのこと。
人体以外の消毒に使用するのが無難なようです。

まとめると、

・無水エタノール:手作り化粧品や香水の作成に。
・消毒用エタノール:人体の消毒に。
・イソプロパノール入り消毒用エタノール:人体以外の消毒に。


で、今回は、ハッカ油による虫よけスプレーを作りたいわけです。
なので、考えました。

無水エタノールほどの純度は必要ないだろう(無水エタノールは高いし!)、ということで、まず無水エタノールは候補から除外。
完全に網戸の虫よけスプレーとしてのみ使うのであれば、イソプロパノール入りで十分だろうけれども、浴室の網戸に使う予定なので、人体への影響が気になる。
それに、ただの虫よけスプレーとしてだけではなく、枕やソファ、ベッドのマットレス、カーテン、スリッパ、ぬいぐるみなんかの殺菌・消毒・ダニ退治にも使いたいな〜。枕なんかは直接顔が触れるものだから、やっぱり人体への影響は考慮したいな。

というわけで、わたしは「消毒用エタノール」を選びました。

【第3類医薬品】日本薬局方 消毒用エタノール 500mL
健栄製薬 (2006-11-22)
売り上げランキング: 56,323

スプレー容器は、当初、ダイソーで売っている100ml入りのものを使用しました。
通常はこれで十分なんですが、わたしの場合、毎日、家中のあちこちに吹きかけるので、もっと広範囲にスプレーできて、スプレー用のプッシュボタンも押しやすい容器がいいな〜と思いはじめました。

結果、今は、空になったリセッシュのボトルを洗って使っています。

リセッシュ 除菌EX カオリノコラナイ 本体 370ml
花王 (2013-05-13)
売り上げランキング: 10,875

グリップ式で使いやすいし、一気に広範囲にスプレーできる! べんり!!

というわけで、ハッカ油の虫よけスプレー、おすすめです。